クレーム対応でダメージを受けやすい人の特徴part1〜あなたは大丈夫?〜

SHARE

クレーム対応でダメージを受けやすい人の特徴part1〜あなたは大丈夫?〜

私、今でこそCS(お客様満足度)は良いのですが、それとは別にしてクレーム対応後、ダメージを引きずってしまうんですよね。心配したSVにも言われました。「ダメージ引きずってるよね、もう忘れよ…?」と。

周りに心配かけるほど凹んでいたようです。笑

 

なぜ私はこんなにダメージを受けるのか?

同じようにクレーム対応後ダメージを受ける人はいるのか?私とその人とどんな共通点があるのか?そしてダメージを引きずらないためには?

悶々と考えているうちに辿りついた結論は「プライベートを充実させること」でした。

そんなの当たり前ですよねー昔から言われていますよねーてなりますよねー。

でもまぁ、せっかく考えて書いたのでクレーム対応でダメージを受けやすい人の特徴part1を見てやってください。

さてさてこの特徴に、あなたは当てはまりますか?

特 徴

✔︎真面目すぎる

✔︎共感能力が高すぎる

✔︎暴言を吐く人や、自分がdisられることに慣れていない

✔︎仕事以外の趣味がない

✔︎公私ともに人間関係が希薄である

✔︎情弱である

 

当てはまりましたか?

上記に当てはまるから、ダメな人!というわけでは決してありません。真面目でも無趣味でも情弱でも本人がそれでいいのなら、いいと思います。

ただ私自身の経験と、見てきたオペレーターのタイプから判断するに上記のタイプに当てはまるのはストレス耐性の低い人、またはすでに日常的にある程度のストレスに晒されていて、心に余裕のない人が多いのです。

そんな人がコールセンターでクレーム対応をしたら、メンタル弱ってるところに追い打ちをかけられて、心が折れるか涙腺崩壊するのは目に見えています。

真面目な性格は変えられない、でも仕事で電話を取らなきゃならない、クレーム対応後のダメージは引きずりたくない…

そんな人はどうすればいいのでしょう?

◟꒰◍´Д‵◍꒱◞

まずは小さな一歩から踏み出してみましょう!

小さなことでもいいので、まずは行動を起こすことが大事です。

簡単なのは、冒頭の特徴と真逆のことをしてみることです。

 

真面目すぎる

ちょっとだけ肩の力を抜きましょう。嫌な対応が終わったら反省点をメモだけして、さっさと忘れましょう

メモして忘れるとは?…クレーム対応時のマインドも参考にしてみてください♪

 

共感能力が高すぎる

怒りに対する共感はリスクが大きすぎます。クレーム対応時は共感ではなく問題解決に集中しましょう

 

暴言を吐く人や、自分がdisられることに慣れていない

批判と注意されること、暴言・disは異なります。disに慣れていないのは普通です。ただコールセンターという場所はいい意味でも悪い意味でも普通ではありません。残念なことに残念なお客様はたくさんいますし、人間が対応している限りそういうお客様はいなくならないでしょう。

「残念な人はどうしても存在する」と割り切りが必要です。最初は難しいけどね。

 

仕事以外の趣味がない

世界が狭すぎます。世界観や価値観を広げるために仕事とは全く関係ない趣味のサークルやコミュニティに参加しましょう。仕事=趣味=楽しい=生きがい!という人なら別ですが、そんな人はコールセンターにまずいないでしょう。

リスクヘッジ、スキルアップという意味でも、今の時代は夢中になれるものを最低2つ以上持っていた方がいいと思います。

仕事と家庭、仕事と趣味、仕事とボランティアなど。

(´,,•ω•,,`)

ちなみに私が夢中になれるものは、インターネット、ブログ、ゲーム、カフェ巡り、ドライブ、旅行、フリマ、海外ドラマ、TwitterのTLを延々と見る、老後の資金作り (投資)、など。これに日常的な読書と英会話が加わる予定です。

無理のない範囲で夢中になれる世界を増やしていきましょう。

 

公私ともに人間関係が希薄である

人間関係、大事なんですよ。40年近く生きてきて痛感しています。特に気兼ねなく冗談を言って笑い合える、信頼出来る人を見つけておくのは重要です。

仕事で対人関係に疲れたから休日は誰にも会わず、部屋に引きこもる…という人がいますが勿体無いと思います。

ヽ( ´∇`)ノ☆~ヽ(´∇` )ノ アソボ~♪

無理のない範囲で職場の同僚と飲みに行ってもいいでしょう。またイベントやボランティアに参加したり、普段とは違う人たちと交流してみましょう。いろんなタイプの人や価値観にふれてプラスのものだけ吸収するのです。

いきなり濃い人間関係を築くのは難しいでしょうが、要は人間への耐性をつけるのです。いろんな人に会ううちに気が会う人が見つかります。孤独を感じたまま生きていくのはツラすぎるからね。

 

情弱である

これね、一見関係なさそうだけどスマートフォンがこれだけ普及した今、生きるためのコアと言っても過言じゃないと思います。情強でなくてもいいから情弱は脱出しよう。

要はスマホやPCでネット検索ができて、且つ情報を見極められるかということ。

知りたいこと・悩みをネット検索して情報を集める、ネットの情報は玉石混交なので使えるものだけを見極めるチカラ。

今の世の中では重要です。╭(๑•̀ㅂ•́)و!

ネット検索してサクッと解決するのか、わからずに悶々としたまま何日も何ヶ月も引きずるのか、どちらがいいか明らかです。私は仕事で壁にぶちあたったらよくこれをやっています。笑

 

プライベートを充実させるのです!

趣味がないこと、人間関係が希薄であることを恥じる必要はないと思います。威張れることでもないけどね。私も人のことは言えないし。

けれど振り返ってみて仕事以外に夢中になれるものがなかった時の私は、気持ちに余裕がありませんでした。(>。<;)

今はたくさんの趣味とやりたいことを見つけたので、受電中に苦手なお客様に当たっても「これが終わったらTwitterをさわれるっ、そしてお菓子を食べるっ、だから頑張る…!」と自分を励ましながら対応しています。エライね、私(自画自讃)

 

要はプライベートを充実させて、世界観を広げるのです。外に出て人に会うのです。

 

プライベートを充実させる

気持ちを安定させる

気持ちに余裕を持って仕事をする

それができる頃には、あなたなりのクレーム対応方法が身についていることでしょう。

╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

 

アラキでした。

では、またね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です